オーディオスピーカーの音を良くする工夫として、インシュレーターやら御影石のボードやらがこの世には存在します。
スピーカー筐体の余計な共振を抑えるそういった工夫には、音質を改善する効果があるのかも知れません。
ですがサラウンドスピーカーの場合はどうでしょうか?

スピーカーごとの音量調節やオンオフができるなら分かりますが、サラウンドのみを鳴らしても非常にぼやけた音になっているでしょう。
と言うのも、多くは壁などで反響した音の再現を担当しているからです。
スピーカー筐体に触れた床の共振を抑えるインシュレーターでクリアさなどが増すのはほぼすべての音が出ている場合であって、サラウンド用にはほぼ恩恵はありません。

サラウンドスピーカー設置で気を付けることはただ一つ。
聴く時の頭と同じ高さにあるかどうかです。
左右の角度なんかは多少ずれたところで影響はないですが、高さだけは音量のバランスに非常に影響してきます。
まあ後ろに本棚などが置いてある場合はそこで問題ないでしょう。