PCで音楽を聴くときの音質向上グッズ

スピーカーの性能がいいと音質の差は歴然ですが、オーディオインターフェイスでPCでの音楽生活をより楽しめるようになりました。
私はオーディオマニアという訳ではありませんが、趣味で音楽をやっているので、やはり音楽を聴くときはなるべく良い音で聴きたいという気持ちがあります。特に家で音楽を聴くときにはその気持ちが強いです。家で音楽を聴く際、現在ではPCで聴くことが一番多いのですが、専用の音楽プレーヤーと比べるとやはり音質は劣ってしまう印象がありました。

 

PCで音楽を聴く場合、良いスピーカーを使うだけでは限界があります。なぜなら、PCの内部で音を処理する性能に限界があるからです。その性能はPCに使用されているサウンドカードに依存します。昔は様々なサウンドカードが出ていたそうですね。しかし、今ではサウンドカードを交換するより手軽に良い音を楽しむためのグッズがあります。
それがオーディオインターフェイスです。

 

オーディオインターフェイスとは、本来は音声や楽器の演奏などをPCに良い音で録音するための機器です。しかし、ただ録音ができるだけでなく、モニターアウトという端子が付いています。ここにスピーカーをつないでやると、オーディオインターフェイス内で処理された信号を通じて音楽を聴くことができます。

 

少し難しい話になってしまいますが、PCなどデジタル機器で音楽を聴く場合、DA変換という処理が必要になります。Dはデジタル、Aはアナログのことで、デジタル信号をアナログ信号に変換する処理を指す言葉です。逆にアナログ信号をデジタル信号に変換する場合にはAD変換といいます。

 

音はアナログ情報なので、デジタルのままでは聴くことができません。なのでDA変換をする必要があります。

 

そのDA変換をするのがDAコンバータです。DAコンバータの品質が、デジタル化された音楽を再生した時の音質に大きく関係してきます。
DAコンバータにもピンからキリまであります。当然PCにもDAコンバータは付いています。しかし、専用機器の方が音は良いです。

 

オーディオインターフェイスにもこのDAコンバータが付いています。録音用の機器なのでADコンバータも付いています。二つを合わせてAD/DAと表記されるのが一般的です。
オーディオインターフェースの場合、専門機器だけあってPC内臓のものより高品質なAD/DAを搭載しています。音楽を制作する人が、音のバランスを確認するのにも使うので、当然といえば当然ですが。

 

また接続もUSBケーブル一本で可能なものが多く、簡単に使うことができます。値段も手軽な価格帯から存在します。もちろん上を見ればきりがなく、超高額なものもありますが……。
私が使っているのは一万円台のオーディオインターフェイスですが、PCに直接つなぐよりも良い音で音楽を聴けています。良い音で音楽を聴くと、楽しくなりますね!

PR|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|童話|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|ショッピングカート|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|女性向けエステ.com|女性の生き方|JALカード|